ライブカジノとはリアルタイムで海外にいるディーラーとやりとりをしながらギャンブルを楽しむことができる、オンラインカジノの魅力的な機能の一つです。
しかしライブカジノに参加していたプレイヤーが逮捕されたという情報もあることなどから、ライブカジノは違法性があって危険だという認識も一部では広がっています。

実際にはライブカジノがあるからといって違法になることはなく、安全性の高いオンラインカジノを選べば何の問題もなくライブカジノで遊ぶことが可能です。
ここでは何故ライブカジノは違法であるという認識が広まってしまったのかと合わせて、安全に楽しむことができるオンラインカジノの見分け方について解説しましょう。

違法性が問われたNetBanQ事件とプレイヤーが逮捕されたスマートライブ事件

違法性が問われたNetBanQ事件とプレイヤーが逮捕されたスマートライブ事件
NetBanQ事件とはオンラインカジノが利用できる国内口座サービスを運営し客に賭博をさせたとして運営者が逮捕され、自宅のパソコンからオンラインカジノに参加しNetBanQを利用ていたプレイヤー数名が家宅捜査をうけ、書類送検された事件です。

プレイヤーの多くは単純賭博罪として略式起訴を受け罰金刑となりました。

しかし、1人は弁護士を立てて裁判所に不服申し立て、裁判で争う姿勢をとった結果不起訴処分となっています。
略式起訴の受け入れで単純賭博罪の罰金刑が成立したのは事実ですが、同時に不起訴処分が下りオンラインカジノの違法性が否定されたのも事実というわけです。

日本では未だにオンラインカジノを法的にどう扱うのか明確な判断が下されない状態が続いています。

そして翌月2016年3月にスマートライブカジノで遊んでいたプレイヤーが逮捕されました。
オンラインカジノ自体は英国で運営されていたとみられるが、日本人ディーラーによる日本人専用のテーブルであったことから日本国内の客に向けた違法賭博と判断されたようです。

逮捕されたプレイヤーたちは容疑を認め、「海外サイトなら大丈夫だと思った」などと供述し「単純賭博罪」として罰金を支払いました。

ライブカジノが違法なわけではなく国内法に抵触する運営が問題

スマートライブカジノ事件がプレイヤーの逮捕という、のちに裁判で否定される事態にまで発展した理由にはライブカジノが関わってきます。
実はライブカジノのディーラーに日本人が起用されており、日本語でチャットを行なっていたことから「このオンラインカジノの拠点は日本国内にあるのではないか?」と疑いがかけられたのです。

日本国内の賭博法には、海外で公式にライセンスを取得しているオンラインカジノに日本国内からアクセスして遊ぶこと自体を違法とする根拠はありません。

しかし、もしそのオンラインカジノが海外ではなく日本国内にあったのなら国内の賭博法の適用範囲となるわけです。
現にこれまで、ネットカフェ形式で複数のプレイヤーを国内の店に集めていた場合は「国内の賭場」と判断され容赦ない摘発が何度も行われています。

このように日本国内で違法性のないオンラインカジノを運営するためには、あくまで個人が趣味の範囲で海外のサービスにアクセスしているという形を守る必要があります。

ライブカジノが違法にならない状況とは

ライブカジノが違法にならない状況とは
ライブカジノが違法と疑われないためには、中継先が海外であることが大前提となります。
当然ながらその国はカジノビジネスが合法であり、公式に許可を得た施設からの中継であることも必要です。

そしてもう一つ、ディーラーが海外国籍であることも安全性を確保するためには重要となるでしょう。
最近は日本人を強く意識したオンラインカジノが増え、それによってライブカジノにも日本語が堪能なディーラーが配置されるケースが多くなっています。

しかし先のスマートライブカジノ事件のことを見てもわかる通り、日本人がディーラーを務めていると日本の賭博法に引っかかる余地が生まれてしまいます。

ライブカジノで日本語チャットを楽しみたい場合には、必ず相手のディーラーが「日本語が話せるだけの外国人」であるか「海外国籍の現地日本人」であることを確認するようにしましょう。

違法性のない安全なライブカジノを見分ける方法

違法性のない安全なライブカジノを見分ける方法
ディーラーの国籍を見極めるというのは、ライブカジノでネット中継を見るだけのプレイヤーには難しいことも事実です。

そのため最初から危険性の高いオンラインカジノには登録しないことがもっとも安全のためには有効な手段となります。
実はライブカジノは各オンラインカジノが独自に準備している機能というわけではなく、ソフトウェア型のゲームと同じようにソフトウェア開発会社が提供しているサービスになります。

そのため大手のソフトウェア開発会社が関わっているライブカジノであれば、ほぼ安全性は確保されていると見て間違いはないでしょう。
また、違法性を完全に排除したライブカジノで遊びたいのであれば敢えて日本語に対応していないライブカジノを選ぶのもおすすめです。

チャットは全て英語になるとはいえ、オンラインカジノのプレイヤーは世界中から集まっているため英語のレベルは簡単なものに抑えられています。
しばらく参加していれば案外と慣れてしまう程度のものなので、海外カジノの雰囲気を味わいながら試してみるのもいいでしょう。

まとめ

現在の日本の法律において、オンラインカジノやライブカジノが違法とされる可能性はほとんどなくなっていると言っていいでしょう。

ただし不安に思いながら参加することは余計なストレスにもなるため、安全性は常に確認しながら遊ぶように心がけた方がいいでしょう。

国際ライセンスを取得し海外で安定的に運営されているオンラインカジノのライブカジノであれば、日本からも安心して楽しむことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です