逮捕のほとんどがインカジ利用によるもの

逮捕のほとんどがインカジ利用によるもの

これまで報道された「オンラインカジノで逮捕者が出た」というニュースのほとんどが、インカジでのオンラインカジノ利用に関するものです。

オンラインカジノという言葉が先に付いてしまうため、ついついオンラインカジノは違法ギャンブルであると考えがちですが、基本的にオンラインカジノは違法ギャンブルではありません。

インカジ以外でオンラインカジノの利用で逮捕者が出たのは過去数件しかありません。しかもその数件で逮捕された人の中には不起訴となった方がいます。
不起訴は事実上検察側が負けを認めたということなので、オンラインカジノの利用が違法にはならないということが証明されたことになります。

インカジが違法・有罪となる理由

インカジもオンラインカジノを利用しているのですが、通常のオンラインカジノ利用と違い、インカジは店内で精算することができます。
店内で精算できるということは、精算するインカジ側が胴元であるということであり、同時に賭場を開いているということになります。
これは国内での賭博行為にあたり、発覚した場合は賭博罪として逮捕されることになります。
胴元となるインカジ側だけではなく1円でもお金を使ったら客側も同じです。
まだ利用して日が浅い場合は単純賭博罪として罰金だけですみますが、長く通い詰めていると単純賭博罪よりも重い常習賭博罪にあたる可能性があります。
常習賭博罪になってしまうと罰金だけではすまず、懲役になってしまう可能性もありますので、オンラインカジノでプレイしたい場合はインカジには足を運ばずパソコンやスマホから個人利用の範疇で利用しましょう。

インカジの特徴

インカジはマンションの一室などを借りている場合もあれば、一見普通のネットカフェのようなたたずまいをしている場合もあります。
明らかに見た目が怪しければ危ないお店と気づけますが、見た感じが普通の場合ついつい入店してしまう可能性もあります。

そこでインカジとはどういう店なのか、その特徴について紹介します。
インカジはまず店側からゲームに使うコインをポイントで購入することになります。
このポイントは実はかなりピンハネされた価格で販売されています。
インカジ側は販売価格よりもずっと安い価格でオンラインカジノでポイントを購入しているのです。

パソコンに設定されているのはごく一般的なオンラインカジノですのでプレイ内容に違いはありません。
しかし、インカジではゲームを終えた後、残ったポイントを精算することができます。
ギャンブルを行いその行った場所で精算してしまうとそれは歴とした賭博罪にあたります。

インカジはこのようにまずポイントを購入するところから始まりますので、こうしたお店に足を踏み入れてしまった場合は即退出し、違法ギャンブルに触れないようにしましょう。

オンラインカジノは本当に大丈夫?

オンラインカジノは大丈夫?

世界的な人気を博しているオンラインカジノですが、最近は日本人プレイヤーの数も増え、日本でも身近なギャンブルとして認識されるようになってきました。
しかし、テレビのニュースなどでネットカフェにてオンラインカジノでプレイしていた人たちが現行犯逮捕されたというような報道を耳にすると、オンラインカジノで遊びたくても違法のギャンブルなのではないかと利用を躊躇してしまうことでしょう。

それでは本当のところ、オンラインカジノの利用で逮捕されたりしないのかというと、それは遊び方によります。
オンラインカジノを自分一人で利用する分には逮捕されてしまうようなことにはなりません。
たとえ、一億円という大金を勝ち得たとしても法律的にはなんの問題もありません。

ですが、インカジ、カジノカフェと呼ばれるところでオンラインカジノをプレイすると法律に触れ、逮捕されてしまいます。
インカジやカジノカフェでプレイ出来るオンラインカジノは世界でも有名なオンラインカジノです。
プレイ方法も賭けられるベットの上限も個人で利用するのとなにも変わりません。
それではインカジ、カジノカフェのなにが問題なのかというと、それはその場で現金の享受が行われているからです。

どのようなゲームであっても、その場で現金の享受が行われるとそれは違法となり、店側は摘発され、その場に居合わせた利用客も逮捕されてしまいます。
オンラインカジノを家などで自分で利用する分には大丈夫ですが、こうしてお店などでプレイし、その場で現金が動いてしまうと違法となってしまうので、オンラインカジノで遊ぶ場合は個人的な利用にとどめるようにしましょう。

これまで有罪となったのはインカジ、カジノカフェ利用のケースだけ

これまでオンラインカジノを個人的に利用しながらも逮捕された事件がいくつかありますが、実際に有罪となったのは略式起訴を認めた人たちだけで、その他の人たちは不起訴を勝ち取っています。
不起訴ということは検察側が有罪に出来ないと認めたということなので、この不起訴という結果からも個人的なオンラインカジノの利用が違法にならないことがわかります。

それ以外のオンラインカジノ利用で逮捕者が出たのは、全てインカジ、カジノカフェで利用していたケースです。
『オンラインカジノは違法ではないと思っていた。』
『違法性はないと店員に言われた。』
等のように例え、インカジ、カジノカフェが違法であると知らなかったとしても、その場でお金を賭けてしまったらどんな言い分も通りません。

出入りした回数や使った金額によっては懲役もありえますので、インカジ、カジノカフェは違法という認識をしっかりと持ち、甘い言葉に誘惑されないよう気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です