インターネットを通じて本格的なギャンブルを体験できるのがオンラインカジノやネットカジノと呼ばれるゲームサイトです。
一般的なオンラインゲームとは異なり実際に現金を使ったギャンブルを楽しめるのがネットカジノの大きな特徴となっています。

日本では公営ギャンブル以外の賭博行為は違法とされていますが、ネットカジノは海外で正式なライセンスを得た上で運営されています。
そのため日本国内からでも海外のネットカジノにアクセスして現金を使ったサービスを受けることに明確な違法性はありません。

ただしインターネット上に無数に存在するネットカジノの全てが安全というわけではなく、また日本国内からアクセスする際に注意すべき点もあります。
そのためネットカジノで遊ぶ前には必ず違法性のない安全な遊び方を勉強しておくことを忘れないようにしましょう。

国際的な信用のあるライセンスを取得している運営会社のものを選ぶこと

国際的な信用のあるライセンスを取得している運営会社のものを選ぶこと
世界にはカジノを合法的なビジネスとして後押ししている国や地域がいくつもあり、その政府機関は公式認定したギャンブル企業に対してライセンスを発行しています。
ネットカジノはサービスのメインはインターネット上であっても運営会社の拠点は必ずライセンスを取得した場所に設けられています。

これによってネットカジノは世界中のどこからアクセスしたとしても「カジノが合法化されている旅行先でギャンブルをする」のと似たような扱いとなり一概に違法性は問えなくなるわけです。
有名なカジノライセンス発行国としてはイギリスが挙げられます。

イギリス本国がライセンスを発行しているだけでなく、連邦所属の領地やイギリスに影響を受けた国々でも競うように信頼性の高いカジノライセンスが発行されています。
特にジブラルタル・マン島・アンティグアといった地域のライセンスはイギリス本国のものと並んで信頼されています。

他にもマルタ共和国やキュラソーのライセンスも多くの有名ネットカジノが取得しています。
ネットカジノに登録する前にはこうした国際的ライセンスの取得状況を見ておくと、より安全なネットカジノを選びやすくなるでしょう。

ゲームは違法なプログラムが入らないよう厳しい審査を受けている

ゲームは違法なプログラムが入らないよう厳しい審査を受けている
もう一つ安全なネットカジノを選ぶ上で重要なのは、導入されているゲームがきちんとした第三者機関からの審査を受けているのかどうかです。
ネットカジノのギャンブルゲームはカジノ自身が用意したものではなくソフトウェアプロバイダが開発しているものです。

ゲーム機とソフト会社の関係と同じで基本的にはゲーム内容にカジノ側はタッチせず、ゲームの安全性や公平性についてはソフトウェアプロバイダを通じて第三者機関がテストをしています。
ギャンブルゲームの審査で大切なのはRNG(ランダムナンバージェネレーター)という機能が正しく働いて、出目の操作ができないランダム性が確保されているかをチェックすることです。

第三者機関がこれを厳正に審査して、その上でソフトウェアプロバイダは「ペイアウト率」といってそのゲームをプレイした際の払い戻しの確率まで細かく公表します。
もしもネットカジノの側が違法なイカサマプログラムを使っていたとしても、ソフトウェア側で公表しているペイアウト率と突き合わせれば必ず発覚します。

実際に過去には違法プログラムの利用が発覚したネットカジノが処罰された事例もあるため、現在では有名ソフトウェアプロバイダのゲームを導入しているネットカジノがそうした違法プログラムに手を出すことは考えにくくなっています。

こうしたことから、カジノ自身のライセンスに加えて有名ソフトウェアプロバイダのゲームを積極的に導入しているという要素も安全なネットカジノ選びには重要です。

日本国内で違法性を問われる恐れのある不用意な行動はしないこと

日本国内で違法性を問われる恐れのある不用意な行動はしないこと
日本国内からネットカジノにアクセスして現金を賭けることは違法ではありません。
しかし、より厳密には違法性がないだけで合法と認められているわけでもないグレーゾーンに相当するといえます。
現状日本の法整備はオンラインでの賭博行為の実態に追いついておらず世界的に大きな遅れを取っています。

そのため取り締まりの現場もかなり混乱しており、ネットカジノで逮捕者が出たと報道されるも実は不起訴に終わっているというケースが存在します。
現在では個人が自室やプライベートな空間からネットカジノにアクセスしている限り違法性を問われることはまずありません。
ただし例外としてインターネットカフェのような公共の場でアクセスしてしまうと問題になることがあります。

日本の法律上、不特定多数の客と胴元による「賭場」が開かれていると認定されると問答無用で違法行為となってしまいます。
たとえば悪質なインターネットカフェが特定のネットカジノへと客を誘導していて、そこで複数の客が同時にそのネットカジノをプレイしているとなると極めて危険です。

ネットカジノに関してはパチンコやパチスロのような「店で遊ぶ」という感覚は捨てて個人利用に徹するようにしましょう。
繰り返しになりますがネットカジノは個人利用であれば違法とされることはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です